toggle
埼大通り商店会は、日本一長いケヤキ並木がある商店会です。
さいたま市 大久保の大ケヤキを紹介

さいたま市桜区の七不思議 県内一の大ケヤキ「大久保の大ケヤキ」の紹介

大久保の大ケヤキ入り口大久保の大ケヤキ入り口SP埼玉大学の正門から程近い、さいたま市桜区大字大久保領家にある「大久保大ケヤキ」は、日枝神社の参道脇にあります。日枝神社の神木とされ、推定樹齢は300年以上(※1)と言われ、高さ20メートル、幹まわり9.4メートル、根まわり15.3メートル(埼玉県然記念物指定時)。落雷などの被害で主幹は地上4mほどで失われ、中を覗くと見えますが幹の中央部は畳半畳~1畳ほどの広さで空洞化していていますが不思議な事に枯れる事もなく、現在でも大ケヤキの樹勢は今だ旺盛です。大ケヤキの枝は四方に広がり、その幹は地上約3.5メートルのところで6本の大枝に分かれています。樹幹の太さでは県内のケヤキ中では最大といわれています(※2)。

この大ケヤキにまつわる伝説によれば、若狭の国(現在の福井県)の八百比丘尼(やおびくに)が植えたという伝説が大ケヤキにはあります。また、ハバキ様とも呼ばれています。

八百比丘尼(やおびくに)の話は古来より日本各地に残っていて、八百比丘尼という女性が16歳の容姿のままで800歳までも生き、尼となり全国を行脚して貧しい人を助け、椿の種をまき花を咲かせたというお話で、若狭だけでなく全国で八百比丘尼のお話が残っています。大久保の大ケヤキは、その八百比丘尼(やおびくに)が植えたという伝説も残る県内有数のケヤキです。

(※1 環境庁「日本の巨樹・巨木林 関東版(Ⅱ)」)より
(※2 環境庁1991年「巨樹・巨木の調査報告」)より

史跡名称
大久保の大ケヤキ
所在地
さいたま市桜区大字大久保領家433-4
指定の区分
埼玉県指定 天然記念物
指定年月日
平成6年3月16日
関連図書
『埼玉県指定文化財調査報告書』第20集(埼玉県教育委員会、1997年発行)
『浦和市の文化財』第1巻(浦和市教育委員会、1962年発行)
『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)
ナビボタン

掲載画像につきましては商用・非商用と問わず、ご自由にお使いください。学校・サークルでのご活用は大歓迎です。
出来ましたら「提供元:埼大通り商店会」と明記して頂き当ホームページのURLを記載して頂ければ幸いです。
埼大通り商店会がある桜区の今と昔が混在する面白さを共にご紹介して頂ける事を願っています。

資料用に掲載画像の高画質バージョンをご希望の方は、下記のリンクより
埼大通り商店会フェイスブックページのフォトアルバムよりダウンロードをしてください。

大久保の大ケヤキ高画質画像ダウンロード